美容についての大百科

Beauty

美容について

イタリア人はみんな美しくて演技が上手だから、一番演技が苦手な人が俳優や女優になるんだということを、昔どこかの人が言っていたような気がします。私はイタリア人に実際あったことはありませんが、昔の書物を読むとイタリア人は美男美女だらけであり、美しい人々だということが書かれているので、よっぽどなんだなと思います。誰もかれもが美しいというのは、日本人である私からすると別の惑星のように感じます。美しすぎると地味にしなさいと怒られる地域で育った私は、美しくあることや美しくすることがお金儲けになるということはとてもこっけいな話だと思います。山や川や自然が美しいのは、人があまり美しくないからなのかしらと思ってしまう地域に住んでいます。だけどイタリア人が美しくてもイタリアの自然は同様に美しいはずです。イタリア人が美しいからイタリアの太陽が他の国より美しさを控えめにしているなんて話は聞いたことがありません。私が住む地域の人々もそのように誰を嫉妬したりせずに美しいものをより美しくすることも美しさを目指して無料で努力することも自然のままに放っておいてくれればいいのになと思うときがあります。美しさはすべて土地に生えた木々のように切り取るものだなんて思っていたら何も残らないと思うからです。

大阪の男性の美容について




兄弟や父やおじいちゃんと同じ服を着ることはあまりしません。それでもずんぐりむっくりした作業着よりも男性には美しいスーツやかっこいい帽子を身に着けて欲しいものです。大阪の男性がジャージーや悪ぶったセーターを着て若い女性をはべらせるようなことを見ると、なんとなく悲しくなります。悪かろうがなんだろうが、男性はスーツや和服といった公と関わっていると表明するような姿がかっこいいと思います。
服だけではなく髪型もうしろになでつけるような櫛を使った昔風の髪形がいいと思います。
あるいはスキンヘッドであるか、お髭を生やしているかがいいと思います。
それで、美容の為にマッサージにお金をかける男性が女性化しているとは私は思いません。
どう過ごしても日頃の疲れはたまりますし、マッサージで癒されたいのは男性も女性も同じですからね。
また、恋愛に対する感受性がスタンダールのようにウェールズ紳士やドンファンを合わせたものになっていても、女性としてみる場合は何も悪いことはありません。
自分を生かすために恋愛に真剣になるという時代が来るならば、女性にとってエステや全身脱毛を施術したり、こんなに美しくあろうと思わせる時代はありませんもの。
実際は大阪でそんな優雅なことが許されるのは稀ですね。
大阪だけでなく全国的に男性も女性も抜け目なく利己的になればなるほど、なぜか着飾ることをやめてしまいます。

プチ整形を薦める人々について




昔私は警備員のバイトをしていたことがありまして、そのときに現場に向かう車を運転していた女性が急に、タレントの顔の悪口を言い出しました。
私はその女性の姿かたちについては何も書きませんが、困ってしまいました。自分よりも美しく整った人の悪口を言う人は、やたらと他人にだけ、美容外科で二重にしたりあごのラインを綺麗にといったプチ整形を薦めてくるのでした。
紙の上にお姫様と王子様の絵をクレヨンで描く幼稚園児の心になって、悪口を言ってくる女性を眺めようと思ったものでした。
ようするに彼女はイメージの中ではお姫様であり、彼女の王国ではタレントや姿かたちの整った人物は、自分以外に存在しないのである。そう信じて疑わないので、彼女は会った事もない人物の顔にケチをつけるということができるのだ。
そう思って、車の窓から見える山道を見てやりごしました。
美しさは相対的なものであり、幼児がクレヨンで描くお姫様や犬や猫などの形が実際的にどうであれ、幼児の感じたことを真正面から否定することは道徳に反しているという社会の暗黙のルールを守るために、黙っていました。
自分だって行ったことのない国の名前がついた料理を食べて美味しいだのまずいだの思いますもの。
だけど正直に言うと、整形を薦めたりコンプレックスを刺激することを言ったりする人達が、そういうことを言う前に美容外科でせめて二重にするとかのプチ整形でもして美しくしていたりしたほうが、説得力があるのになあと思います。
[showwhatsnew]

インフォメーション

  • 目を瞑る女性

    デブにならないお寿司を選んでスリムに!

    日本人が大好きなお寿司。だけど、ついつい食べ過ぎちゃうことがありますよね。 一口サイズだから、通常のお茶碗で食べるご飯の量をかなりオーバーしてしまいます。 お寿司はもちろん白米ですから炭水化物であり、当然、食べすぎてしまうと太りやすくなります。 またお寿司には、ネタと言われる食材がご飯の上に乗っていますよね。中にはダイエットに不向きなネタもあるのも事実です。 太りにくいイメージがあるお寿司だけど、実はデブになりやすいメニューかもしれません…

    »詳しく見る

  • 綺麗な女性

    美容と健康について

    美容と健康について思うことは、インターネットやスマートフォンから情報を得られない人が、噂レベルでよいとされることやよくないとされることをまるで本当のことのように皆が言っているからと買いあさったりすることは、まったく美容にもよくないし健康にもよくないのに、それに経済的でもないのに、不思議なことだなと思います。本当のことを言うとうそつきだと言われたり、わいせつだとされるのは、本当に卑劣だなあと思います。そういうことが続くと、もう自分が綺麗で痩せて自分のために綺麗…

    »詳しく見る

  • ストレッチをする女性

    豊胸手術について

    私はできるならば豊胸手術を受けて、まるっちい張り詰めた大きな胸を痩せていても持っていられたらいいのになあと思うときがあります。だけどやっかいなことに化粧もダイエットも髪を伸ばすこともおしゃれも自分のために行っているのに、他人の目がとてもうるさいのです。それで自分はどうかというと、やはり美しい女性に会うと必ずそれを褒めなければ気がすまないたちなので、仕方がないことですね。私はどの女性が豊胸手術をしていてどの男性がカツラであるかを見分けることはできませんし、そんなことど…

    »詳しく見る

  • 風を浴びる女性

    毎日朝晩のフェイスマッサージはかかせません。

    「もうちょっと小顔だといいのにね」と男性に言われたことがショックで、小顔になるにはどうしたらよいか本気で悩みました。実際、顔が大きくてエラが張っているようです。美容雑誌で見たフェイスマッサージをしてみること早5年。始めて2年目くらいから顔がすっきりしたね、とよく言われるようになりました。方法は簡単で、洗顔後化粧水と乳液を付けたら、耳の後ろから首すじ、鎖骨までリンパを流す用にマッサージします。フェイスラインに沿って骨を掴んで離す、ということを繰り返して、適度な刺激を贅肉に与えます。いつのまに…

    »詳しく見る